こころ・・・(思い出)

梅雨に入りましたね。
今日は朝からずーっと小雨が降ったり止んだり・・・。
ランチは常連さんや初めてのお客様と楽しく過ごしましたが・・・
ディナーは娘に任せてちょっと休憩!

幼い頃のことです。
田んぼの端の柿の木の下でいつものように5~6人の子供達が遊んでいました。
「空が飛んでみたいなあ」  誰かが言いました。
「飛べるわけがなかろー」  また誰かが言いました。
「そーじゃなあ・・・重たいもんなあ・・・飛べんなあ・・」 それぞれが言いました。
すると・・「飛べるかもしれんぞ~」と走って家に帰った子は
お父さんのコウモリ傘を抱えて戻って来ました。
  
「ええか~!行くぞ~!」 言うが早いか木の上から・・・
   ・・・・(ドッシ~ン\(◎o◎)/!)・・・・
・・・・「うわっはっはっはっ・・・・・」 尻餅をついたその子は大笑い。
「うわっはっはっはっ・・・・」 みんなも大笑い・・・・。
その日から あまりり目立たなかったその子は
私のこころのヒーローでした。  みんなどうしているのでしょうねえ・・・・。
「みんな元気で・・」と願っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック