半年ぶりのふるさと

半年ぶりのふるさと
「おばあちゃん ただいま」ベッドをのぞき込む私の顔をじーっと見て
「美也ちゃんか?」と妹の名前・・・「ちがうで・・・」
「ほ~ん?ありゃあ まりちゃんか?」「ピンポーン まりちゃんやでぇ」
少し痴呆症でほとんど寝たきりの母・・・・
半年ぶりに見る母は顔色も良く元気で嬉しかったです。
いっぱい話をしていっぱい食べてあっと言う間の一日でした。
ふるさとへの帰り道 「後半分・・後30分・・あの角を曲がると家が見える・・」と
心が踊ったのに・・・・同じ道を通って同じ景色の中を反対に走る・・・。
バックミラーに映る 手をふる弟と奥さん・・今は無人になった小さな駅・・
幼なじみの家々・・校歌に歌われた山々・・せわしなくバックミラーを替えて
どんどん遠くに飛んでいきます。弟がくれた柳ジョージのCDが車いっぱいに
流れているのに・・・何も考えずただただぼーっと車を走らせるだけ・・・・・・。
ふっと気が付けば目の前には都会の風景が・・・またいつものあわただしい
生活が始まります。・・・・・・・・・・・・・・・・おかあさんお元気で・・・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック